Full Moon Cafe Blog只今作成中&レシピ

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

只今作成中~ファー付きのアクセサリー

今回は作成中の作品の紹介です。
ちょっとまだ納得いっていないところがあるので、
やり直す予定のものなのですが…

今回、ファー付のアクセサリーに挑戦しています。
急に作成したくなって日暮里まで行ってきました(笑)
アクセサリーに使うだけなので、正直たくさんのファーはいらないのですが、
夏にはいっぱいあったはぎれとかは、季節になったせいか急に見られなく
なっていました… orz
(夏がお得とわかっていても、暑くて買う気にならなかった…)

作成中~毛皮のアクセサリー1

買った毛皮で作成したアクセサリーの飾り部分です。
黒いラビットに灰色のミンクをアクセントに。
何が気に入らないか、というと、ビーズの飾りが…
ううーん、何か物足りない感じ。
もっとデコりたいのかもしれません。

作成中~毛皮のアクセサリー2

こちらはフォックスとミンクでベージュカラーに。
こちらも気に入っていないのは、ビーズの飾り部分。
迫力が足りない…

どちらもビーズを縫い付けたところがあまり気に入っていなくて、
現在試案している最中です。
あと、スリーピンにするべきか、ヘアクリップにするべきか、
も悩んでいるところです(笑)

こればかりは冬という季節もののアクセサリーになるので、
なんとしても冬コミ目指して作成したいと思っています。

ランキングに参加しています
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ビーズ細工へ

なーんか足りないんですよね…、どっちも。
ビーズじゃないかもしれない。
スポンサーサイト

| 只今作成中&レシピ | 08:43 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

手作りくるみボタン

今、「くるみボタン」作りにはまっています(笑)
あれ、おもしろくらい簡単に出来るのでどんどん作成しています。

「ビーズアクセサリー作り」を名乗っているので、
本来ならそのボタンにビーズ刺繍でもすれば「ビーズアクセサリー」
と胸をはっていえますが、ボタンの作成工程の最後で、
思いっきりグラスビーズ関連は破壊しそうなので、
(私、あらん限りの力を込めてしまうのです…)
現在のところビーズ刺繍は却下。
ビーズの刺繍はスパングルくらいなら何とかなりそうなので、
そちらで対処しようかと思っています。


クルミボタンのヘアゴム


現在作成しているのは、そのくるみボタンを使ったヘアゴム。

「穴があいていれば、なんでもビーズ」
的な考え方で、「ビーズ」を使ったヘアゴム、
ということにします(爆)

くるみボタンの「足」の部分にヘアゴムを通し、
金具で接続部分を留める、という地道な作業。

手作りくるみボタン

くるみボタンのサイズは大・中・小と3種類作成しています。
最初のヘアゴムまで作った画像は、一番大きなボタンで、
こちらの写真のボタンは中サイズ。
大サイズは直径約27mm、中サイズは直径約22mmです。

小さなハギレを購入して、和柄、花柄、チェック柄や、
無地の記事にレースを被せたものなどを中心に
作成しているところです。

それぞれヘアゴムにする予定。

ランキングに参加しています
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ビーズ細工へ

くるみボタン作成は楽しいのですが、
意外と力がいるので、ちょっと大変です。
今、ツメがぼろぼろ…

| 只今作成中&レシピ | 09:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

バラのシフォンリボンとビーズの刺繍で

只今、友人に頼まれたアクセサリーを作成中です。
テーマと色と作るものが与えられていて(笑)、
とにかく沢山作ってみるか、というところです。

浅草橋に材料を買いに行ったけれど、
なかなか与えられたテーマ「薔薇」と、色「白」に
マッチする素材が無くてちょっと苦戦中です。

そんな中、許容範囲の色として許可してくれていた
クリーム色のリボンを見つけたのです。
シフォンリボンを薔薇のようにしてチュール素材に縫いつけたリボン。
思わず購入して、早速ビーズで刺繍です。

バラのシフォンリボンとビーズの刺繍で

今のところこんな感じ。
刺繍は全部終わったのですが、やはりちょっと色が
クリーム色で黄色寄りかなあ…と。
イメージとしてはもっと真っ白の方が、依頼してくれた
友人のイメージに一番マッチするのでは?と思いました。

これはこれで可愛いのですが。


今、白をテーマにアクセサリーを作っている訳です。
白いアクセサリーはウェディング関連の沢山あるけれど、
普段使えそうなものは全然ない、と言われて、確かに、
と思いました。
パール素材をなるべく避けて、ガラスビーズを多用して、
フォーマルっぽさをどのくらい排除できるか、格闘中(笑)。

でも一番難しいのは、私と彼女とのセンスの隔離ですわ(爆)。
知っているんですよ、彼女の好みも。
でも彼女好みの繊細なものを、私が作れないことも良く知っています(笑)

と言うわけで、とにかく沢山作って、その中からイメージに
合うものを選んでもらう、という物量作戦に出たわけです。
総選挙(?)で選ばれなかったアクセサリーは、
夏のイベントに持っていく予定。
でも、どれも手を抜くつもりはもちろんないですよ。
夏のイベントには真っ白なアクセサリーがいっぱい並ぶ予定です。
(そもそも依頼受けるまで作成していたのも白いアクセサリー
だったので、依頼とは関係なく白くなる予定でした)

完成したら、全体像お見せ出来ればと思っています。

ランキングに参加しています
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ビーズ細工へ
クリック、ありがとうございます!

| 只今作成中&レシピ | 19:29 | comments:0 | trackbacks:1 | TOP↑

≫ EDIT

週末はビーズ刺繍

タイトル通り、週末はビーズ刺繍にはまっていました。
まあ、まだ初心者から抜け出していないので、
前回講習を受けたレッスンの技術をベースに、
色々なビーズで、こつこつと刺しているだけですが。

週末はビーズ刺繍1

薄手のフェルトを購入してきて、思いつくままに
刺しています。
講習で学んだラウンド型を基本に色々やってみましたが、
今のところラウンド型で刺していく方法が、一番形が
まとまりやすいです。

週末はビーズ刺繍2

講習で作成したブローチより、サイズは全て小さめです。
ブローチではなく、ヘアピンサイズを目指してみました。
左側は講習と同じように、中央にラインストーンを刺して
黒とメタリック調のビーズで作ったもの。
右がラウンドのビーズを真ん中に据えてみたもの。

週末はビーズ刺繍3

こちらの赤いのは珊瑚で作成したもの。
天然石の3mmは針を通すのにはちょっと細くて苦労しました。
横は、樹脂バラのモチーフを起点に扇形にさせてみようとしたものですが、
…うーん、難しかった。

週末はビーズ刺繍4

変形型はまだ形が安定しません。
あと、ボーダーラインのように刺していったのも
上手くまとまらなくて、途中で制作続行断念。
まだまだ修行が必要そう。

でもかなり苦手意識があったのに、「円形に刺す」とう方法は
結構形が作りやすくて、私にも納得いく形ができています。
あとは慣れと、回数かなあ?
もっと手慣れたら、フェルト以外の生地でもできるように
なりたいところです。

ランキングに参加しています
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ビーズ細工へ
応援ありがとうございます!
こちらもクリック、よろしくお願いします♪


この写真の後にもだいぶ刺して、「刺繍やりたい病」が収まったので、
また普通にビーズアクセサリー作りに戻ります(爆)

| 只今作成中&レシピ | 17:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

基本のブーケリング3~仕上げ編

基本のブーケリングの続き、最終章です(笑)

用意していた残りのパーツを入れて、仕上げていきます。
真ん中に大きめのビーズを配置していったことで、
だいぶ形が出来上がってきましたが…

基本のブーケリング~仕上げ1

よく見ると、こんなところとか、

基本のブーケリング~仕上げ2

こんなところに隙間があります。

ここに、4mmサイズのクリスタライズ、スワロフスキーのパール
を入れていきます。
他のパーツと一緒で、今度は「」の穴2つ利用しながら
入れていきます。

他のデザインで作成する時もそうですが、4mmサイズのパーツで
隙間を埋めるのは、とても有効な手段です。
時にチェコのファイアーポリッシュビーズや、スワロフスキーの
クリスタライズなどは、色も豊富あるので、メインの材料を
決めたときに、サブの材料として色を合わせて購入しておくと、
便利です。

基本のブーケリング~仕上げ3

全てのパーツを通したら、裏でテグスを結び、
結び目に接着剤をつけて、余分なテグスをカットしておきます。

次に、リング台に留付けていきます。

基本のブーケリング~仕上げ4

リングの土台の片側のツメを、平ペンチで折り曲げておきます。
シャワー台が引っかかる程度に曲げます。

私は、パーツでびっちりと隙間を埋めてシャワー台を作成しますが、
こうした場合、シャワー台を留める時にツメが上手く引っかからずに、
ちょっと苦労することがあります。
ただ、パーツをびっちり隙間無く埋めた方が、仕上がりが綺麗なので、
そこは根性でリング台に留めてください(笑)


基本のブーケリング~仕上げ5

リングにつけた時の方向をきちんと見て、
まずはシャワー台を折った爪にはめ込んでいきます。

基本のブーケリング~仕上げ6

きちんとはまっているのを確認したら、折っていなかったツメを
平ペンチで折り込み、また、最初に折った爪を再度折って、
シャワー台をきっちりと土台に留め付けます。

留め付ける時、写真の様に布などを挟んでおくと、
土台に傷がつきませんが、滑りやすくなったりするので、
扱いに気をつけて下さい。

基本のブーケリング~仕上げ7

仕上がりです。
お疲れさまでした。


私が作成しているブーケタイプのリングは、
ほとんどこの方法で作成が可能です。
是非、自分でアレンジしてみてください。

ランキングに参加しています
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ビーズ細工へ
こちらも是非応援、よろしくお願いします。


追伸:分かっているとは思いますが…
こんな記事でも一応著作権は主張しておきます(笑)
いないとは思いますが、この記事を直リンクしたり、
コピーしたりして、自分のブログやHPに載せたり、
商用利用したり…
なーんてことはしないでくださいね。
(以前、検索で偶然自分の記事にひっかかったのですが…
それが「レシピ紹介ページ」みたいなサイトだったのですが、
そこには単に、自分のブログも含めて、リンクだけが貼られているだけ…
なんてことがあったので)

一応、リンクを貼りたい!なんて方がいらっしゃいましたら、
非公開コメントでも、トラックバックでも宣言して下さい。
よろしくお願いします。



<基本のブーケリングレシピ>
基本のブーケリング1~材料・下準備編
基本のブーケリング2~留付け作業
基本のブーケリング3~仕上げ編

| 只今作成中&レシピ | 17:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。