Full Moon Cafe Blogはじめに

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

はじめに

ブログ開始しました。
当ブログのオーナー、Lica(リカ)といいます。

とりあえず、私が作成したビーズの作品のUpと、
手に入れたビーズの紹介ができれば…、
というのがこのブログ設立の建前ですが、
本音はあまりにも更新できない本サイトの救済処置の為と、
イベント参加の告知の為に設立した次第です。

※この場合の「イベント参加」とは、主に「同人イベント」のことを指しています。
一般の方々に馴染みのないことかと思いますし、
以降その情報に関する記事は「隠し」で記載していきますので、
「同人イベント」という言葉自体に馴染みの無い方は閲覧を控えて頂ければ幸いです。

不慣れな点が多いので、気づいたことや追加事項ありましたら、
色々修正することかと思いますが、まずはこれにてご挨拶を。

見て楽しめるようなブログにもしていきたいと思っていますので、
よろしくお願いします。


お問い合わせに関しては下記メールまで。
fmcymail22★yahoo.co.jp

※仕事の合間にもネットで確認し易い為、yahooフリーメールアドレスに変更しました。
※★印を@に変更して送付ください。

現在の仕事の都合、メールへの即答が出来にくいのですが、
直に連絡をとる必要のある方は、こちらにお願いいたします。
ただし今のところ、ブログで紹介している作品をお譲りしたり、
直接オーダーを受け付けたりということはしておりません。


現在、WANOMAさんにて委託販売をして頂いております。
リクエスト頂いた作品で在庫のあるものは、
WANOMAさんに納品いたしますので、
是非ともこちらをご利用下さい。
直URL:http://www.wanoma.jp/830/830.html
「f.m.c Lica」というアーティスト名で登録しております。

参加イベントに関しても、デザインフェスタなど、
順次幅を広げられればと思っています。




<カテゴリーの説明>
ブログのカテゴリーの説明です。時々、追加したり、修正したりしています。

はじめに
 このページです。ブログの基本的なことを書き込んでいます。

ビーズ作品:ネックレス
 ネックレスを中心としたビーズアクセサリーを披露しています。

ビーズ作品:リング
 リングを中心としたアクセサリーを紹介しています。

・ビーズ作品:ピアス
 ピアスを中心としたアクセサリーを紹介しています。

ビーズ作品:その他
 ブレスレットやヘアピン、ヘアアクセサリー、ブローチなど、
 上記カテゴリーに当てはまらない作品を紹介しています。
 ※複数紹介されているページに関しては、1番メインと考えられるカテゴリーに入れています。

アートフラワーを使った作品
 アーティフィシャルフラワーという、生花にそっくりな花を使って作成したアクセサリーの紹介です。

只今、作成中&レシピ
 今、作成途中のビーズアクセサリーを写真で公開したり、
 作り方のレシピを紹介しています。
 作り方の細かいご紹介ではなく、私のざっくばらんな作り方なので、
 参考になるかどうか…

ビーズのお買い物
 買ったビーズの紹介です。
 まだ、作品になる前のお気に入りのビーズをクローズアップしています。

グリーンコレクション
 私が直感的に「好きだ!」と感じて買った緑色のビーズで、
 現在コレクション扱いになっているビーズの紹介です。
 現代・アンティーク・ヴィンテージにこだわらず、
 完全趣味の好きな色だけのコレクションです。

ビーズのツール&本
 私が購入していたり、欲しかったりするビーズのツールや、本のご紹介です。

企画
 ブログを通して、たまにプレゼントの企画やパーツの交換会などを催しています。
 結婚写真の時のアクセサリーはこちらで紹介しています。

イベント
 同人イベントに関する参加情報等のお知らせです。

リンクさせて頂いています
 当ブログとリンクさせて頂いたブログ&サイトさんのご紹介です。
 基本、こちらのブログはリンクフリーですが、コメントにリンク
 したことを残して下されば、可能な限り遊びに伺います。

食べ物&食事
 購入したお菓子とか、訪れたお店の紹介とか。
 浅草橋のお食事処もこちらで開拓中です。

雑記
 ビーズ以外のことを色々と。
 時々、オタクネタ入るかもしれません(爆)

WANOMA納品
 作品を委託販売しているWANOMAさんへの納品に関するお知らせです。


この他に、イベント参加近くなったら持っていく新作を
紹介する為のカテゴリーを新設します。
このカテゴリーは、イベント終了後には、
それぞれの「ビーズ作品」カテゴリーに統一します。



別に知りたくもない、Licaのプロフィールを追記。

<Licaとは>
8月生まれ、獅子座、B型の典型的マイペース&自己中心派。
でも、ものすごいネガティブ思考。
例えるなら、石橋の橋を、叩いて叩きまくって、壊してしまうくせに、時々、壊れていても渡ろうとするおおざっぱさがある、という感じが私の性格だと思っています。
ビーズアクセサリーが趣味ということからもご理解頂けると思いますが、超インドア派。
おまけに「隠れオタク」です(笑)
この歳になっても(といえるくらい、結構年寄り)ゲームも、アニメも漫画も好きです。
それを普段の生活の中で公表していないので「隠れ」オタクです。
まあ、最近は任天堂の携帯ゲーム機が一般家庭に普及していることもあって、ゲーム好きはばっちり公表していますが。
ただ「オタク」といえど、世間一般に言われている「腐女子」要素がかなり低い…。いわゆる「やおい」要素が苦手なんです。<だから、最近の若い子とは話が合わなくなり始めつつあります…。
ただ、このブログに関しては、ビーズアクセサリーに関することを記事にしたく始めたので、オタク話はなるべくいれない予定です(「なるべく」であって「絶対」では無いので、そこのところご了承ください)。
そんなオタクでビーズ大好きな私ではありますが、どうぞよろしくお願い致します。


<手芸を始めるようになったきっかけ>
小さい頃、リカちゃん人形(特に、後々買ってもらったジェニー人形)を買ってもらった時、その洋服を増やしたくて始めたのが、手芸関係を始めるきっかけでした。
洋服は最初に着ていた物以外、殆ど買ってもらえなかったので、母に色々教わって、ぐし縫いでできるようなスカートばかり沢山作っていました。
ビーズとの出会いは、その洋服に縫いつける為に買い、以後、人形に持たせる為のビーズのバッグを作る程度にしか扱っていませんでした。
この頃、ビーズはあくまでも脇役だったんですね。
近所の手芸屋さんで売っているようなビーズは、丸小や樹脂パール、スパンコールが殆どで、子供心に人形の洋服に使う以上の興味は沸かなかったようです。
当時、ビーズで作るワイヤーフラワーとか、動物や昆虫のモチーフとか作るものが結構ありましたが、それには全く興味が沸かなかったです。今でもこういうモチーフ系はあまり好きではなくて…。
ビーズはあくまで、アクセサリーを作ることがとにかく大好きなのです。


<ビーズアクセサリーを作るきっかけとブログ>
ビーズアクセサリーがファッションブームになった初め頃、ブームに乗って、私も店頭でアクセサリーを購入しようとしたのですが、どうしても市販のネックレスの長さが私には合わなかったのです。
その上、シンプルな割に高い!
ただ、そのデザインを見て「もしかして私にも作れる…?」と思いついたのが、ビーズアクセサリーにはまる直接のきっかけでした。
当時、手芸用品なら何でもそろっているユザワヤに駆け込み、簡単な作成本と工具とを一気に購入。
まだまだ「ビーズアクセサリーを作る」というブームは到来していない頃で、売っているビーズも少なかったですが、そこで初めてスワロフスキーのビーズに出会って、その美しい輝きに感動したことは今でも忘れません。
「世の中にこんなに綺麗な輝きを持つビーズがあるんだ!」って。
丸小や樹脂パールだけではなく、宝石の様に輝くビーズの存在を知って、俄然作る気力がわき上がってきたのを覚えています。
そしてアクセサリーなんて自分で作成できないものだと思っていたのに、それが自分の手で作れるということに非常に感動したことも、今となってはいい思い出です。でも、この感動は、今でも継続しています。
それから本格的なビーズブームが到来したのは2~3年後だったと思います。
スワロフスキービーズが手に入りにくくなって、ネットで探して、入荷したら即買い、なんてこともよくやりました。浅草橋の存在を知ったのもこの頃でした。
浅草橋に初めて行って、その品物の多さと色々なものが見つかる感動をし、創作意欲がわき上がって…今に至ります(笑)
最近は、買い物に行くのが楽しくてしょうがない。
「あれも可愛い、これも素敵」と言って大量に購入してくるのが習慣となって、結局使い切れていないパーツが現在家に大量にあるわけです。
創作意欲がないわけじゃないんです。
買う時にはイメージがあっても、家に帰ったら忘れていたり(一番の原因)、イメージに描いたもので材料をそろえたら微妙に違うイメージで違和感を覚えたり、作る時間がたりなかったり…と、まあ、理由は色々。
それでも、埋もれてしまう素材が可愛そうで、いつか誰かに見てもらいたい、という思いがあり、こうしてブログという形で紹介出来ることができて良かったなあ、と思っています。


<今後の展開…?>
作品を作ること自体がとにかく楽しくて、自分の為以外にも「こういうテイストのものを作ってみたい!」とか、「この色も作ってみたい!」ということが増えて、自分では身に着けられないほどのアクセサリーを作るようになりました。
作って埋もれてしまうのも寂しい為、少しでも私より、より一層似合う方にお嫁入りしてもらえれば、と思いイベント販売に行くようになりました。
今のところ、一般の方にはちょっと行きにくい同人イベントでの販売のみですが、今後は違う方面にも足を伸ばせたら、と考えています。

| はじめに | 01:26 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT